今日の買い物で幸せの出向く配慮がもらえてちっちゃなハッピーを感じる民衆生活

現在、はやと瓜を2つ買った。自身が小さな頃は、こういう野菜を見たこともなければ、呼称すら聞いたことがなかった。その当時、仮に急にはやと瓜が目の前に差し出されたら、如何にもそのがたいと構図から、瞬間洋梨としていたのではなかろうか。本当は、先日でこそよく見かけるようになったはやと瓜と、私の遭遇は、仕事の関係でとある中米の国家に暮らしているときの訳だった。畑にはやと瓜がなっている辺りを見、また、ごちそうとして口にもした。おや、日本にはない野菜がまたうちここにはあったか、としていた。だが、です。帰郷帰路数年して、あの野菜が、店に並んでいたのを見て、まぶたを疑った。物珍しい輸入雑貨を使うお店だなあ、と思ったからです。但し、国内産だった。先々、時には、市販されているはやと瓜を見るようになった。皮を擦りむくと相当滑り易く、依然としてかしこく調理できないが、昨今も目新しいごちそうに挑戦したいと思っている。

買ったお店では、お家芸だから、煮付けるといいと聞いた。また、近所に紹介してもらったのは、鍋にいれるという手法だ。鍋の手法は、いまひとつ他の瓜科の野菜をいれることもないので、はやと瓜も私のなかでは、混ぜるという代替はなかった。但し、びっちり2つ手元にあるので、互い試すことができる。メリットだ。断じて、ネットで検索したらたくさんの処方ものって要るだろう。けれども、たまたま今日は、かりに失敗したとしても、自分で味覚をみながら、新しい勝負をしてみたいという。

黄緑色の、洋梨範疇のはやと瓜よ、あとで調理するからな。www.worksopminerswelfareband.org.uk

今日の買い物で幸せの出向く配慮がもらえてちっちゃなハッピーを感じる民衆生活